キャッシュの場所

ルート キャッシュの場所

Toolkit は、Shotgun サーバに対する不要な呼び出しを防止するために、一部のデータをローカル キャッシュに保存します。ローカル キャッシュにはパス キャッシュ、バンドル キャッシュ、およびサムネイルが含まれます。ほとんどのユーザは既定の場所を使用しますが、変更の必要がある場合は、cache_location コア フックを使用して設定可能です。

既定のキャッシュ ルートの場所は次のとおりです。

Mac OS X

~/Library/Caches/Shotgun

Windows

%APPDATA%\Shotgun

Linux

~/.shotgun

パス キャッシュ

キャッシュ パスは次の場所にあります。

<site_name>/p<project_id>c<pipeline_configuration_id>/path_cache.db

バンドル キャッシュ

分散設定

バンドル キャッシュとは、Shotgun サイト上のプロジェクトすべてで使用される、すべてのアプリケーション、エンジン、およびフレームワークのキャッシュ コレクションです。 分散設定用のバンドル キャッシュは次の場所に保存されています。

Mac: ~/Library/Caches/Shotgun/bundle_cache

Windows: %APPDATA%\Shotgun\bundle_cache

Linux: ~/.shotgun/bundle_cache

注 : これらの場所は SHOTGUN_BUNDLE_CACHE_PATH 環境変数を使用してオーバーライドできるため、具体的な実装は変わる可能性があります。

一元管理設定

一元管理設定用のバンドル キャッシュは、一元管理設定内に配置されます。

...{project configuration}/install/

設定で共有コアを使用している場合は、代わりに、共有コアのインストール フォルダ内に配置されます。

サムネイル

Toolkit アプリ(Loader など)で使用されるサムネイルは、Toolkit のローカル キャッシュに保存されます。 サムネイルは、プロジェクト、パイプライン設定、およびアプリごとに(必要に応じて)保存されます。ルート キャッシュ ディレクトリ下の構造は次のとおりです。

<site_name>/p<project_id>c<pipeline_configuration_id>/<app_or_framework_name>/thumbs/


Edit this document